一枚板に秘密あり

リフォームしたお宅に、ダイニング、ソファ、TVボード、リビングテーブル、カーペットを納品させていただきました。

リフォーム工事を開始する前にご来店いただき、リフォーム前後の図面や採用予定の建材色などを確認しながら家具をご提案させていただきました。

ソファには、ゆったり寛げるシェーズロングタイプのものをお選びいただきました。布張りですが、汚れた際にはカバーリングで生地を取り外し、ご自宅の洗濯機で丸洗いできる優れものです。Y様はワンちゃんを飼っているので、犬や猫などのひっかき傷にとても強い特別な生地を張りました。

下回りにはウォールナット無垢材を使用し、他の家具との統一感を出しました。脚の高さはお掃除ロボットを通す高さなので毎日のお掃除もラクチンです。

リビングテーブルはウォールナットの一枚板で製作したものです。詳細は後ほど♪

ダイニングテーブルには、ウォールナットの一枚板をお選びいただきました。

長さ2500mmの、大きくて木目がとても良い一枚板を気に入っていただいたのですが、リフォームあるあるの「取れない柱」が画像左側にありました。キッチン側面から柱までの寸法は2100mm。2000mmのウォールナット一枚板も在庫であったのですが、ご夫婦とも2500mのウォールナットの木目をとても気に入られていたので、どうしてもこの木が良いと。。。。

なので

切っちゃいました!

残りの400mmの木は、捨てるにはとても勿体ないので、さきほどご紹介したリビングテーブルにしました。

そして、こちらのダイニングテーブルは脚は兼用脚という起こしたり倒したりして、ダイニングの脚にも座卓の脚にもなるという優れものを採用したので、このダイニングテーブルをリビングとつなぎになっている和室に持っていき、座卓の高さにして、リビングテーブルも和室に持っていくと、、、、なんということでしょう!!高さがピッタリあう2500mmの座卓が完成したではありませんか(*´▽`*)

お正月やお盆には人が集まるとうことなので、みんなで楽しい宴ができそうです。移動の際は、結構重たいですけどね笑

座卓にしたときの写真を撮りたかったのですが、諸事情あり撮影できませんでした。また機会があれば撮影させていただきたいと思います。

この度はありがとうございます。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin