川原でみつけた手になじむ石コロのような自然のかたち。

ゆったりとしたサイズ感、心地よく包みこまれるやわらかな快適さ、角のないやさしい丸みが魅力です。

使う人の手に馴染む家具。

― Chair ―

セミアームタイプで立ち座りを邪魔することなく、着座時には肘をあずけてリラックスできます。お尻にフィットするよう成形された厚めの座板が上質な座り心地です。

― sofa -

座り心地はやや柔らかめ。優しい形に削り込まれた肘は座面高に近く、付属の肘クッションを枕に寝転ぶには丁度良い高さです。

背クッション・座クッション表層には羽毛に特殊なシリコン綿を配合し、クッション性・復元力に優れた使い勝手の良いクッションに仕立てました。 

個性的なバックスタイル

背面が見える間仕切りとしてのレイアウトもお勧めです。

座面の高さが選べます

H420(ハイタイプ)とH370(ロータイプ)の2タイプ

WORKS

納品事例

日本人の暮らしになじむ シンプル・モダン。

飛騨の家具 日進木工

細く柔らかなライン。ベーシックな色。
機能性。耐久性。
そこには、人々の目を奪うような驚きや奇抜さはありません。
けれどシンプル・モダンであることこそが
日本人の美意識と生活習慣にいちばん馴染むはず。
一時の興味ではなく、
一生の暮らしを想像しながら選んでほしい。

日進木工のデザインには、そんな思いが込められています。

匠の職人家具

原点は、1300年もの昔「飛騨の匠」と呼ばれた職人たち。宮大工として美しく堅牢な建造物を生み出した匠たちは、後に故郷・飛騨高山に卓越した技術を遺しました。日進木工は伝統的な木組み技術や木材の選定眼を受け継ぎ、新しい技術や素材を取り入れながら、現代の感性にマッチした新しいモダンデザインを生み出しています。

軽くても丈夫

細身で軽い椅子を丈夫な構造にするために、力のかかる大事な部分には高い精度が必要なホゾ構造やフィンガージョイントなどの強固な継ぎ手を使用。背板などの曲線は蒸気で木を蒸して曲げる「曲げ木」加工を。繊維を切らずに曲げた板はスキー板のように強くてしなやかなです。木部は10年保証。安心して長くお使いいただけます。

考えらえた実用性

座ったり、出し入れしたり。毎日動かす椅子は軽さも大事な機能のひとつ。肘柄がなく、出入りのしやすいセミアームチェア、クリーニングや模様替えがしやすいカバーリング仕様なども生活の中から生まれた機能です。お好みの掛け心地、デザイン、機能の椅子に塗装色や張り地を選んでいただき、自分だけの椅子をお選びください。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin