椅子のリメイク

今回はチェアの修理事例のご紹介です。

約20年前に購入されたチェアが傷みがかなり出ているということで、修理依頼をいただきました。

長くご使用になられますと、材料の木材も少しづつ痩せていくので背もたれ部分に用いている縦桟もグラつきや抜けてしまうものもあります。そういった部分も元が良い作りのチェアでしたら修理することが可能です。

塗装の剥げもありましたので再塗装もすることになりました。

今回修理を依頼したのは、飛騨高山で家具づくりの熟練した職人さんです。

こちらが、仕上がりです!

まるで新品のようです。傷やぐらつき等もなく、お客様も本当に私の使っていた椅子なのかと大変驚いてらっしゃいました。そして、また永く使えることに大変喜んでいただきました。

良いものは大量生産の商品に比べ購入時にどうしても値段が高くなります。しかし、良いものはこのように修理し手を加えればとても永く使えるものです。当店ではこのように「永く」ご使用になれる本当に良いものを取り扱いしております。

U様、この度はありがとうございます。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin